まちキャンでまなぶ

まちキャンでまなぶ

ながおか学カフェ

荒屋遺跡からみる旧石器時代の
くらしと北方世界とのつながり

川口地域の荒屋遺跡では、「ARAYA型グレイバー」の呼び名が世界に通じる、約1万7千年前の石器が多数出土しています。同様の石器がシベリアなどでも見つかることから、当時の北方世界とのつながりも知ることができます。長岡自慢の荒屋遺跡の歴史を一緒に味わってみませんか。

荒屋遺跡からみる旧石器時代のくらしと北方世界とのつながり
講座紹介
日 時2023年2月14日(火)19:00~20:30
場 所まちなかキャンパス長岡4F 交流広場
ゲスト新潟県立歴史博物館 主任研究員 橋詰潤
受講料500円(1ドリンク付)
定 員20名(先着)
申 込受付開始:1月10日(火)~
電子での申込またはお電話で(0258-39-3300)
電子での申込はこちら
※ 満員になった場合は、電話にてキャンセル待ちを受け付けています。

過去年度の講座

講座について・申し込み方法

講座申込の前にお読みください

ホーム > まちキャンでまなぶ > 令和4年度 講座一覧 > 荒屋遺跡からみる旧石器時代のくらしと北方世界とのつながり

まちキャン講座動画配信
まちなかカフェ
ながおか学カフェ サイエンスカフェ 芸術カフェ ビジネスヒントカフェ 生活カフェ 多文化カフェ
まちなか大学
まちなか大学院
こども講座
こどもカフェ こども大学
ボランティア企画講座
市民プロデュース講座
企業・団体プロデュース講座
まちづくり市民研究所
米百俵塾・平成国漢学校
すべての講座
まちキャン講座動画配信
まちなかカフェ
ながおか学カフェ サイエンスカフェ 芸術カフェ ビジネスヒントカフェ 生活カフェ 多文化カフェ
まちなか大学
まちなか大学院
こどもカフェ 子ども大学
ボランティア企画講座
市民プロデュース講座
企業・団体プロデュース講座
まちづくり市民研究所
米百俵塾・平成国漢学校
すべての講座