まちキャンでまなぶ

まちキャンでまなぶ

まちづくり学科

状況 状況

長岡の100年史
-開府300年から400年まで-
(5回連続講座)

長岡は今年開府400年を迎えます。これを機に、開府300年から400年までに起こったさまざまな出来事について学びましょう。100年という区切りで見てみると、この100年でいかに長岡が進化を遂げてきたかが分かります。受講後はきっと長岡通!…になれるはずです。

長岡の100年史-開府300年から400年まで-
講座紹介
受講料3,000円
定 員30名(先着)
申 込講座は終了いたしました。
①長岡地域産業史100年-イノベーションの系譜-
日 時2018年10月26日(金)19:00~20:30
場 所まちなかキャンパス長岡3F 301会議室
講 師長岡大学 教授 松本和明
内 容
長岡地域の産業は、東山油田の石油業を発端として、機械・製紙・米菓業などへ広がっていきました。また、これらを支える銀行業や鉄道・バス事業なども発展しました。長岡地域の産業史は、まさにイノベーション(革新)の歴史といえます。各産業のあゆみと企業家たちの活躍を振り返ります。
②長岡と博覧会-長岡開府300年とその後-
日 時2018年11月2日(金)19:00~20:30
場 所まちなかキャンパス長岡3F 301会議室
講 師県立歴史博物館 専門研究員 山本哲也
内 容
何かの完成記念や、周年を記念する事業として博覧会が行われることがあります。長岡においても、博覧会の実績が幾度かあります。長岡開府300年祭においてさまざまな事業が行われた中から、共進会や展覧会についてその内容を見渡し、その後長岡で行われた博覧会事業についてお話しします。
③新聞で振り返る100年
日 時2018年11月9日(金)19:00~20:30
場 所まちなかキャンパス長岡3F 301会議室
講 師新潟日報社 論説編集委員室長 森沢真理
内 容
戦前も戦後も新聞は地域に寄り添い、その歩みを見つめてきました。焦土となったまちの復興、豪雪などの度重なる自然災害、田中角栄元首相の登場とその光と影、上越新幹線の開通などによる高速交通網時代、そして情報化社会の今について、新聞とともに考えてみましょう。
④公会堂からみる人々の暮らし-集いの場所の昔と今-
日 時2018年11月16日(金)19:00~20:30
場 所まちなかキャンパス長岡3F 301会議室
講 師東京大学 准教授 新藤浩伸
内 容
長岡にはかつて「長岡市公会堂」があり、市民に親しまれてきました。こうしたホール施設は大正から昭和初期に日本各地に広がり、戦争の時代を経て現代に至るまで、都市の中の集いの場所であり続けてきました。そんな公会堂を手がかりに、「集う」ことの意味を考えます。
⑤ぶら悠久山-なぜ御山は市民の憩いの場所になったのかー
日 時2018年11月23日(金)13:00~16:00(移動時間含む)
場 所悠久山公園(バス)
講 師長岡郷土史研究会 会員 金垣孝二
内 容
長岡開府300年を記念し、整備され、大正9年に令終会から長岡市に寄付された悠久山公園。現存する悠久山十勝や石造物などを巡りながら、信濃川や長岡城との関係、栃尾鉄道や各種公共施設との関わりなど考え、そのあゆみを探ります。

過去年度の講座

講座について・申し込み方法

講座申込の前にお読みください

ホーム > まちキャンでまなぶ > 平成30年度 講座一覧 > 長岡の100年史-開府300年から400年まで-

まちなかカフェ
サイエンスカフェ ながおか学カフェ 外国カフェ ネイチャーカフェ プチ芸術カフェ 多文化カフェ ビジネスヒントカフェ お仕事紹介カフェ 食通カフェ 生活カフェ スポーツカフェ
まちなか大学
ひとづくり学科 ものづくり学科 まちづくり学科
こども講座
こどもカフェ こども大学 こども理科工作・実験教室
まちなか大学院
まちづくり研究科
市民プロデュース講座
ボランティア企画講座
米百俵塾・平成国漢学校
まちづくり市民研究所
企業・団体プロデュース寄附講座
すべての講座
まちなかカフェ
サイエンスカフェ ながおか学カフェ 外国カフェ ネイチャーカフェ プチ芸術カフェ 多文化カフェ ビジネスヒントカフェ お仕事紹介カフェ 食通カフェ 生活カフェ スポーツカフェ
ひとづくり学科 ものづくり学科 まちづくり学科
こどもカフェ 子ども大学 こども理科工作・実験教室
まちづくり研究科
市民プロデュース講座
ボランティア企画講座
米百俵塾・平成国漢学校
まちづくり市民研究所
企業・団体プロデュース寄附講座
すべての講座